2013年04月22日

trip

人のお金で、旅ばかり。

holi
posted by 中の人 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年04月16日

evil

自分に対しても、等しく邪悪であれ。

holi
posted by 中の人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

meet

久々の再会に、燃える!

holi
posted by 中の人 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年04月12日

clever

そろそろ、頭のいい振りをやめるか。

holi
posted by 中の人 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年04月05日

input

吸収が止まらない。

holi
posted by 中の人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年04月03日

『百日紅』杉浦日向子

葛飾北斎が題材のお江戸漫画。
艶っぽくて粋な人物たち。
科白やストーリーではなく
構成や空間で魅せる杉浦日向子の作品は
とても映画っぽい。
江戸に生まれたかった。

holi
posted by 中の人 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年03月29日

up-down

珍しくアップダウンするこの頃。
今日はアップなので。

サーカス団長(監督)としては、
観客よりなによりまずは団員をとびきりの世界に連れてってやりたい。
団員はもちろん、ものすごく選り好む。

holi
posted by 中の人 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年03月23日

「夢売るふたり」

夫婦で結婚詐欺をはたらくストーリーと聞き
勝手にコメディタッチを予想していたが、
反して西川美和の心に潜むちょっとした闇を
抽出して純粋培養する感じは健在だった。
とてもいやな気持ちになる素晴らしい映画。

甘ったれて夢を見続ける駄目人間。
絶対にそうなれない真面目な人間は
その人をものすごく愛するか、
ものすごく憎むかしかできない。
という気持ちがとてもとてもよくわかるから、
観ていて楽しくつらい。

ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
トッド・ソロンズ
西川美和

スタンスや撮り方やモチベーションはまったく違うけれど、
人間の暗部と向かい合う監督たち。
みな大好きだけど、
自意識過剰のいやなエキスが漏れまくっている
ラース・フォン・トリアーが一番好きで嫌いなのは、
自分に近いからかもしれない。

holi
posted by 中の人 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

そろそろ

遊び疲れて、籠るタイミング。

holi
posted by 中の人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言

2013年03月18日

play

遊ぶのに、寝る間もない。

holi
posted by 中の人 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言